■ 高度情報化社会を読む2018.11.14

これもかなり昔の話です。
インターネットがやっと話題になってきた頃だったと思います。
今見ても、まだ使えそうな気がしますね

「モノ」の価値から「コト」の価値の時代と言われて久しい。

経済を中心として成り立ってきた世界経済は、新しい情報時代での新しい経済システムを見いだせないでいる。

「コト」の価値の時代って本当にあるんだろうか?

そんな疑問を抱きながら、人類歴史を見てみよう。

当たり前の歴史の変化だが、ちょっと視点を変えてみると、違った歴史が見えてくる。

小さな単位で始まった人類が、大きな組織へと成長していった。

同時に、その時代ごとに価値基準が変化していることに気がつく。

生き残ることに必死だった時代から、有嘉かな豊かな暮らしを守ることに努力した時代。
そして、生き方そのものが大切な時代。

それぞれの、時代変化はひとつの発明によってなされている。

この歴史の流れを見たときに、人類が質の高い生き方に向かって進んでいることが伺える。

こうして見たとき、21世紀に見えるものは正しく「コト」時代であると見ることができる。

いまの時代変化は、新しい時代に変わるための変化の時代なのであろう。

なんとなく21世紀が見えてきたようなきがする。

http://www.kirari.com/amz/rekishi/index.html



CGI-design