100円ノート「超」メモ術をご覧頂きましてありがとうございます。
100円ノート位では一日で消費してしまうようなヘビーユーザー様の「超メモ術」をご紹介します。
メモ帳に使用するのは「バイブルサイズのシステム手帳」にオリジナルのリフィール(販売中)を使用します。
バインダータイプのノートでは、通常とは反対の使い方をします。
システム手帳ではメリットとデメリットの両方がありますので、メリットの方が大きいと思った方のみお使いください。
ただし、基本テクニックと理論は「著書:100円ノート「超」メモ術」をお読みください。
【メリット】
  1. データ量が多く、その量も自由になる。
  2. ページが脱着可能なために、関連情報を集め、整理することができる。
    (ページを移動しても超メモ術の機能は失われない)
  3. 1シート1情報で整理ができる。
  4. 古い資料は保存用のバインダーで保存でき、再活用することもできる。
  5. 専用用紙を使うことで、インデックスと合わせやすい。
  6. 日常行っていることが、かなり楽になります。
  7. システム手帳がスーパーシステムになること請け合いです。
  8. 営業・開発・管理に関わりのあるビジネス戦士の最強のツールになります
 【デメリット】
  1. 市販のリフィールが使えない。
  2. 検索するときにちょっとページを揃えなければならない。
 
専用用紙を作りました。(100セット限定発売)
文具店でいろいろ探しましたが、超メモ術に使えそうな用紙が無かったので作ってしまいました。
300枚(100枚280円)+送料(全国一律500円)で1,340円より
用紙詳細
Start2009/12/11┃┃today 
┃ご利用に関して┃取材・掲載に関して┃個人情報の取り扱い┃お問い合せ
copyright(c) All Rights Reserved. by Communication21Laboratory