AIより発想力

発想力はAIに負けません市場競争はAIやビッグデータだけでは戦えない

現在の世の中はビジネスで成り立っています。
ビジネスは生産者が生活者にサービスを提供することです
そのための競争がビジネスです。
あらゆることがビジネス競争に勝つことに必死です
あらゆるところでデータが収集されています。集められたデータはビッグデータと呼ばれ、分類され、集計され、傾向が読み取られ、様々なところで使われています。車の動きのデータも集められており、道路の混雑状況や閉鎖情報が集められています。携帯電話の移動をGPSで把握することで、人々の行動も、人々の消費行動もAIによって管理分析されています。さらにAIはデープラーニングという自動学習システムが組まれ、管理者がAIシステムがどのような判断をするのかがわからなくなっています。
このビッグデータをスーパーコンピュータで処理され、販売戦略に利用されるようになりました。
研究によって答えの出せる応用力はもういらない時代になった。
日本のスーパーコンピュータ京の出現によって、あらゆる条件で比較検討が用意になった。
つまり、組み合わせで出来るものはコンピュータで出来るのだ。
あなたも、AIには敵わないと思っていませんか。

ビジネス競争は潜在ニーズ

人々が求めているのは感動です。
感動は思わぬ快適な驚きです。
単純な驚きに感動はありません。
人の持っている潜在ニーズに合致した時に感動は現れます。
潜在ニーズはビッグデータに表れず、AIでも解らないのです。
人間が人間の感性で探らなければ解らないのです。

AIに勝つ発想力

企業が求めている人材は、個性的で、想像力の豊かな人材です。
現在最強の戦略ツールとしてビッグデータとAIシステムがあります。
AIは最新のデータを分析して、最良の答えを出してくれます。ですが、この解答はデータが同じなら、同じ答えを出します。どの企業が行っても同じ答えを出します。
従って、AIの出す答えではビジネス競争には使えず、AIの答えが出発点です。
人間に求められているのは発想力
時代が求めているのは発想力のあるブレーン
リクルートで断然有利なものは発想力

ビジネスで勝ち抜くのも想像力

商道に同じ道なしと言われます
ビジネスの定説です。
成功談から学ぶのは、成功した話ではなく、失敗しないために何を学ぶかが大事です。
ビッグデータで集めた結果は生活者の行動から得たもので、顕在ニーズの集計でしか有りません。
これは、製品のカイゼンに役立ち、生活者に優れた製品を届けることはできます。
ビジネスに必要なデータは潜在ニーズの集計です。
ビジネスで勝ち抜くとは、相手と違う方法を行うことである。
マニュアル通りの戦術ではビジネス競争に絶対に勝てない。
いままでやったことのない戦略だけが勝つことができる。

販売促進の基本は潜在ニーズ

人間の潜在ニーズを探れるのは人間の感性です。AIが最も苦手とする未来を探ることです。商道に同じ道はないというように、同じ手法で成功は難しいと思います。成功したビジネスと同じ環境は存在しないので、同じ手法は通用しないのです。オリジナルの企画を作る方法は個性を大切にすることです。インターネットの情報や書籍情報だけに頼ることなく、自分の感性に自信を持つことです。

人間には表に出ている顕在意識と本人も気が付いていない潜在意識があります。
顕在意識と潜在意識を合わせると、人間はあまり違いはないのだろうと思います。
個性の違いとは、どの意識が表に出ているかなのだろうと思います。
だから、違う個性と出合ったとき、潜在意識が顕在化するのです。
ヒットする商品や唄は、潜在意識が同調し「私が欲しかったのはコレだ!」と気が付くのです。
深い潜在意識に同調するほど、その感動は大きいのです。
あなたの個性を大切に磨いてください。
個性は宝物なのです。