こちらの「ビジネスに役立つ情報デザイン」のサイトもご参照ください
新ひらめき発想術 ノウハウ公開中
はこび天舟 [検索]

天舟作品

エッセイ

天舟ブログ 私の思考法

ホワイトボードで考える 天舟ブログ
エッセイ

はこび天舟 ひとり言220509

嗚呼、またアイデアが浮かんでしまった このアイデアを整理するのに一日が潰れる大事な作文があるのに、やっかいなことだでも、始めるとおもしろくて、テンションが上がって夜中までやってしまう。企画のできが良いと、興奮して眠れなくなるそして、ファイルにしまい込んで終わり。この企画を実行する気はまったくない 朝起きると、自分はこれでいいのかと考える 昨日、めし屋で逢った若者にビジネスアイデアを提供した。一生懸命に頑張っているのを見ていると嬉しくなって話してしまった。どんな反応をするのかは解らない結局は爺の自己満足でしかない迷惑な話だと思う こんなことを通しながら、自分の生...
エッセイ

新製品のアイデアを考える良い方法

人間ならばみんな素敵な夢を待っている。その夢を引き出せば、会議は成功する。イベントの実話から学ぶ。
エッセイ

ブランド公式サイト

探しにくい高級ブランドの公式サイトをご紹介しています。ダイレクトにメーカーの最新情報がわかります
エッセイ

老人と愛犬のエッセイ

愛犬ラッキーは三人目のご主人と暮らしている。このご主人というのがちょっと変人なのだ。あたいラッキーが二人の生活をお話しします。
天舟作品

空想企画小説 MEVIUS

メビウスの輪は究極の平等を現す理論だが、結局は個性的であることが人間としてのあり方だと教えてくれる。民主主義と社会主義とが争いっている。真の平和な世界を模索して不思議な世界を見る。そこに新しい価値観を発見する。はこび天舟はじめての小説。
童話

童話 幸福地蔵ものがたり

超メモ術 はこび天舟童話 幸福地蔵物語 地域おこし企画童話 精神的に疲れたビジネスマンのために企画しました。読むだけでも心が安らぐと思います。高齢時代を生きるための、3つの神器は「新3K」で「健康、経済、そして希望」です。これから高齢者が求めるものは「希望」という精神的充足感です。自分を見失った現代人は、自分自身を取り戻さなければ自分の人生に希望を見つけることができません。剣豪・宮本武蔵が気持ちを落ち着け、自分自身を見つめようと一心に仏彫に打ち込んだといいます。仏彫は、精神時代の重要なレクリエーションといえます。
短編小説

短編小説 刺青師の奇妙な生涯

はこび天舟 ショート いれずみ職人の不思議な人生
天舟作品

ダビデの星の秘密

超メモ術 簡単にできるダビデの星の作り方と神秘のパワーの新しい解説書。ダビデの星は平面ではなく立体物。竹ひごと接着剤と塗料、そして誕生石。あなた専用のパワーツールができます。
エッセイ

私は風になりたい

天舟エッセイ作品 人は必ず死にますが、その覚悟を持つのは大変です。だから、宗教に安心を求めます。信心に関係なく、自分を納得させるためにです。では、信仰を持たない人はどうなるのでしょうか?一緒にその時を考えてみましょう
天舟作品

音楽プロジェクト

超メモ術 空想企画小説は依頼主のいない企画書です。あったらいいなぁという企画を、小説にして書きました。いつか、誰かが、実現してくれたら嬉しいですね。内容:学生バンドは卒業と同時に解散します。でも、音楽が大好きな仲間は、プロになれなくてもいいでも、プロのように真剣に音楽と一緒に生きていきたい。そんな仲間がたくさんいるはずだと、このプロジェクトはスターとする。
天舟作品

王様のプレゼント

超メモ術 天舟童話 王様は国中に看板を立てました。「国民は自分のための買い物を一切禁じる」。ただし、プレゼントの買い物は許可するということだった。国民は大笑いをしたが、大臣の言葉を聞いて愕然とした。
天舟作品

ZEROに愛された男 2020年星新一賞落選作品

私の趣味は夜の空を眺めること。 アンドロメダに導かれ、天の川銀河を旅するのです。 宇宙の神秘に惹かれながら、宇宙を研究している時が、この爺の最高の時間なのです。 ここは人里離れた山村で、天文観測を妨げるような灯りはひとつもありません。 小さな家に、爺と孫の二人だけで暮らしています。 子供の名前はチムという5歳の男の子。チムは体が弱く、空気の悪い都会には住めないということで、私と一緒に暮らしています。 チムの母親、つまり私の娘は宇宙開発研究所の宇宙物理学者です、 この家には月に一度帰ってくるだけです。 といっても、中が悪いとか、愛情が無いというわけではありません。 家族全員が宇宙に夢中なだけです。 チムの父親は宇宙飛行士で、チムが生まれた年に宇宙で行方不明になりました。 今も宇宙のどこかを飛んでいることでしょう。 両親のDNAを持つチムは夜の空が大好きです。 星のきれいな夜は、ベランダの古惚けたベンチに腰掛けて、私の話を聞くのが好きなのです。 私にはチムが夜空を眺めて、行方不明になった父親を探しているような気がするのです。 この可愛いチムの素朴な質問に答えることが、私の天文研究になっているのです。