こちらの「ビジネスに役立つ情報デザイン」のサイトもご参照ください
新ひらめき発想術 ノウハウ公開中
はこび天舟 [検索]

物質世界中心の考え方で良いのか?

思考の方法を考える

私たちは考えをするときに「物質世界」つまり、私たちの日常を絶対的なものとして考えている。

この考え方で良いのかと疑問を思った。

宇宙の物質世界は5%しかない。
それが私たちの目に見える世界である。
残りの95%は未だ解明できていないダークマターの世界である。

この95%はどのようにして誕生したのかを考えてみた。

ビッグバンで宇宙が誕生した時は、世界はエネルギーの爆発が100%だった。
ゼロが分解され物質と反物質に別れた。
これで100%である。
プラスとマイナスの物質はすぐに合体してゼロに戻った。
消えたのではなくゼロに戻ったのだ。
これがブラックマターである。

プラス物質しかない物質世界とプラス物質とマイナス物質を持っているブラックマターの方が凄いことは解る。
だから、私たちは考える時にブラックマターを世の中の中心として考えるべきだと思う。

ブラックマターには現在の宇宙を95個も創り出せるパワーを持っている。
しかも、作り出した宇宙も5%のパワーだけで創り、95%の力は秘めたままである。

こう考えると、宇宙は無限であると言える。

さて、このブラックマターがプラスエネルギーしか持たない不安定な物質世界を維持しているのか。
なぜ、100%のブラックマターにしないのだろうか

それは、ビッグバンによって誕生したブラックマターにも誕生の目的があったからである。
95%のブラックマターの存在理由は5%の物質世界にあった。

5%の確認できる物質世界の99.99%はプラズマという存在である。
プラズマとは物質が気体からさらに変化したものがプラズマである。
地球は特別な惑星なのである。

宇宙のプラズマエネルギーを生物が使えるエネルギーに変換してくれるのが森林の葉である。

その計画はビッグバンを発生させた創造主にあると考える。

2022/04/21記す

コメント